いむげむ亭 ▼ 時々日記

陶芸家 中島惠のブログです。HP→いむげむ亭日常http://imugemtei.g1.xrea.com/

猫は前しか向かない 序

あれは2021年の秋ごろ。
便秘気味の「うんこでろでろマッサージ」をしていて
?乳首?に手が触れました・・オデキ?虫刺され?
多分普通に乳首がそこにある、と解釈しスルー

が。マッサージで触れるたび
少しづつ大きくなる気が・・不安になり調べました。

!【猫の乳がん】 私の頭ガンガン!


家の唯一猫グルニャン、通称グニャ♪
生まれた年に頸椎損傷で寝たきり、そこからの奇跡の復活。
ところが7歳で突然起きた呼吸困難発作。
原因は心臓すでに心肥大。
心臓由来の胸水が肺を圧迫して死にそうに。
麻酔なしで針刺して肺から水を抜くこと2回。
以降、胸水排出のため、薬を一日2回4種類も飲み続けて9年間
それなりに平和に延命してきました。

ちょっと神様、この上にガンくれるんですかい?!
これって喧嘩売ってますよね???

神様的には、9年延命できてる時点で
十分ご利益施しました~って事ですか???

神が返事をくれないので、迷える飼い主は
獣医師さんに相談しました。

獣医さんのお話
「猫の乳がん手術は大掛かりで
傷口がとても大きくなります。
(腕の付け根のリンパと足の付け根のリンパと
その間にある乳首を一列全部摘出するそうです。)
治るまでの期間と苦しみを
年齢、余命と天秤にかけて考えたとき
苦しい時間だけが長くなりすぎます。

しかも従来の投薬を休まなくては、手術はできません。
胸水による呼吸困難発生リスクが高いグルニャンちゃんは
これが命にかかわります。
ですから、切除はお勧めしませんし、私はしません。

家族一同、納得。・・同意。

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

そういう経緯で今年は主に
ニャン生に付き合って暮らしてます。

幸い、体を動かす作業沢山たまってまして
私を助けてくれてます。
ついつい後回しにしてたまっていた地味な作業。
工房の大掃除・さび落とし・ペンキ塗り・屋根保守
土のあく抜きや粉砕などの下ごしらえ。

私は基本、ブログには
「楽しくない事は書かない方針」です。
なので今までは、あまりこのことを書かずに来ました。
でも。
衰えながらポジティブ
【エライ!書きたい!事】も見えてきて。

 

今回は「21~22年のあらすじ」的に書きました。


★なお、猫ぐにゃの登場する過去ブログは、下記リンク
「猫のカテゴリー」にからお読みいただけます♪
↓↓↓
https://imugemtei.hateblo.jp/archive/category/%E3%82%B0%E3%83%AB%E3%83%8B%E3%83%A3%E3%83%B3%E3%81%AE%E8%A9%B1

 

 

椿の実

庭の椿、実がなる時期。

とにかく、形がかわいい。


丸くてかたくて、だんだんに割れる様子も、分厚い殻も

中から顔を出す種も、とにかくとっても好き。

 

あまりに愛らしいので描き

樹のためには種は実らせない方が良いらしい。
だから、手の届く高さなら
花がポトンと落ちた時、
樹に残る子房も取り去る事にしている。
でも
手の届かない高い所には残る。

一昨年は、種をつぶしてハンドクリーム代わりにしてみた。
ちょっと面倒くさかった。

去年は椿油をつくってみた。
香ばしさと美味しさに驚いた。

今も髪に使っている。

 

おまけ。椿のへその緒

 

九月の朔日 2022

九月朔日がまためぐってきました。

でいます。

日本橋三越での杜窯会作陶展

今年も数点出品しています。

個人的隠しテーマは【ウサギ】です。

 

秋の個展は、迷った末、今年は見送りました。ごめんなさい。

作品自体は、小さめの個展はいつでもできる編成にして工房にあるのです。

安心して毎日電車にのって、会場まで通えるを待つ気持ちです。

 

日々頑張っているのは
〇 整理、そしててる事。
〇 「傍にいてほしい」をして、す事。

 

体のことも年齢なりに。

〇 睡眠時間を最優先にする事。

〇 極拳・軟体操・歩、毎日どれかは。

 

出来れば頑張りたいのは

〇 あちこち塗装の劣化補修。

〇 作品写真を撮り、ネット販売

 

年齢階段よっこらしょ。

この歳も元気で過ごせますように。

 夕方、空にかかった大型プレゼント♪

 

(追記)

食器、作品の販売は、随時、いたしております。
ご要望がありましたらメールでご連絡ください。

ドラマ 蝉吉の悲劇

予告通り、蝉写真だらけの第2弾です。

「ドラマ 蝉吉の悲劇」 夏が終わる前にアップしますね。

 

その日、「蝉吉」は一番良い場所を選び、
一世一代の羽化に挑んでいた。

程よい風、雨もなく、すべては順調・・と、
その時、誰かが「蝉吉」の柔らかい羽を乱暴につかんだ。

えええ?

 

殻から抜けたばっかりの俺の上で
殻から抜けようとする奴がいる??(白いぷよぷよが蝉吉氏)

命がけの羽化、邪魔が入れば、命とり。
7年土の中で頑張ったのに、ここで終わる運命なのか?

 

とにかく「蝉吉」は柔らかい乾く前の胴体を懸命に左右に動かし
自分の存在を伝えようとした。

そのかいあってか、単に足場が悪いと思ったか、

後から来た蝉は、立ち去った。

これで無事、切り抜けたに見えた、

・・・・が。

 

本当の悲劇はその後起こった。
まず、左右に動かした無駄な動きのせいで、
つかまる位置がずれてしまった。
つるつるしたお尻側にぶら下がってしまったのだ。

そして一番の悲劇、なんと!片方の羽が開かない!!


殻から出た直後に「つかまれた」のでくっついてしまったのだ。

今夜ここで羽化する5匹の中で 

蝉吉の羽だけが、片方 伸びない・・・

 

必死で片羽を震わせ、伸ばそうとする蝉吉。

(変形があるのは比較するとよくわかります)

 

何度も片羽だけを震わすが、

お尻側にぶら下がっているので踏ん張りがきかない!

幾度も繰り返すうち、とうとう中の足が滑り、爪が外れてしまった!

(落ちるかと思った)

前足の爪をひっかけ、何とかぶら下り態勢を維持する蝉吉。

ツルツル側にかろうじてかかる細い爪2本だけが命綱


もし今落ちると、反射的に羽ばたいてしまう。
乾く前に羽ばたけば、羽は皺クチャになりくっつきあってしまう。
そのまま固まり、一度も空を飛べないまま朝には鳥かアリの餌食となる。

がんばれ蝉吉! 枝よ揺れるな、風よ吹くな・・ああ?

でも、吹かないと乾かないのか?・・

んん、じゃあ、風よ!イイ感じに吹いて!

何とかここまでは伸びた。けど、やっぱり曲がったままの羽。

 

3時間が経過して、夜中。

 寝る前に気になってもう一度見に行く。

色が変わり始めるところまでこぎつけていた。

最初に殻を脱ぎ始めた仲間は(左上)行程完了、先に葉の上で休息。

被害者のセミ吉は左下、前足だけでなんとか持ちこたえている。

それをしり目に乗っかってた加害者の蝉さんは、

順調に羽を伸ばし中。(右下)

 

翌朝。

ただただ青い夏空と3つの殻があるばかり。

周りを探してみたが、落ちた羽も見あたらず・・・

という事は・・・

無事、空に飛び立ったという事!!

(最後が悲劇じゃなくてよかった、よかった。)

暑い夏の夜の、小さな命のドラマ。

 

蝉の羽化を見守る

先日予告の蝉羽化写真。昆虫が苦手な方はスルーしてくださいね。

柿の木の幹をよじ登った蝉が、風通しの良い南の葉先を選んで

葉の裏にしっかりつかまります。

 背中が割れる瞬間を待って見つめていました。

 

ゆっくりと背中の割れ目が開いていきます。

 

 

徐々に体が現れます。おでこの星が光ってます。黒い目がかわいい

 

大きく上体ををそらして、羽が出てきます!きれいな翡翠色。

 

ここでしばらく動きが止まります。

たぶん足の爪が乾くのを待っているのだと思います。

硬くなってくれないと、この後の作業ができません。

 

さて、腹筋(?)で体を持ち上げて、殻の肩あたりに爪をかけ、

残った腹部を抜き出します。

 

無事に殻を脱ぎ、態勢を整えたらすぐさま羽を伸ばします。

 

大きな羽が先に、あとから内側の羽が開いていきます。

後はゆっくりと乾かします。

9時半ごろに脱ぎ終わり。

12時ごろ見たときには、葉裏でのぶら下がり姿勢をやめ、

葉の上に移動、安定した場所で休んでいました。

 

絵付けの役に立つかどうかは別として、

羽が延びていく途中のフォルムは、

どこをとっても美しい曲線で、感嘆するばかりでした。

 

人生、夏休みの自由研究

先日庭で、蝉の羽化に出会い、じっくり眺めた。

5匹も一度に次々と羽化が進む様子は、結構なドラマだった。

 

セミの抜け殻を集めておいたら、

里帰り娘の「何ゼミ?」の一言から、見分け方調べがはじまり、

雌雄見分けや、割合考察まで会話がもりあがった。

 

図書館の本を読んで、感動する。最近は中島京子さん。

聞いてほしくてブログに書かなくっちゃと思う。

 

空の雲を眺めて、季節や天候を読む。

環天頂アーク、虹、トンビ、巣立ちの燕、

人工衛星、むくむく育つ金床雲。

 

モロヘイヤは硬そうな茎を差し芽にしてみる。

地面に刺しておくと勝手に生きていく不思議。

勝手といえば土から勝手にに出てきたトゲトゲ蔓に雌花が付いた。

実るのはカボチャ?スイカ?ズッキーニ??

これも目が離せない。

 

もうひとつ目が離せないのがイチジクの樹。

カミキリムシは害虫だけど絵のモデル。

青い実を観察し、明日、甘くなる実を先読みしないと

鳥に先を越されて食べられない。今日は鳥の勝ち。

美味しい所だけつついて、空っぽにされちゃった。

 

猫の世話と病状観察に投薬。今日もかわいい。

 

日々のスケッチ、もちろん陶芸。

 

それぞれが

「自然観察日記」、「理科の自由研究」、「読書感想文」、

「植物水やり当番」「動物飼育係」そして「図画工作」?

 

・・・あれ?(ひらめき)

「私って人生が夏休みの自由研究の人!じゃん!」

 

なんか大発見な気がして、同居人にそう言ったら、

「確かに。【夏休みの自由研究業】を名乗れば?」って、笑ってた。

 

毎年この時期になると、ラジオからも新聞にも

宿題の自由研究を嫌々やっつけるとか、

子供の頃嫌でしょうがなかった自由研究の思い出とか

挙句は「自由研究なんか必要なんでしょうか?」とか、

「否定的ご意見」ばかりが聞こえてくる。

 

だとしたら、私の人生って苦労の連続って事になりません??

本人としては十分楽しいんですけど。

 

むしろ、

どぎつい色の小さな液晶画面の前で囚人のように背を丸めて

長時間「ゲーム」にむかうという、彼らの「夏休みの自由時間」の方が、

よほど苦行に思えてしまうんだけどね。

カマキリ赤ちゃん誕生報告

年、10月24日
オオカマキリの産卵シーン」を目撃したのです。
(ここで書こうと思って撮影もしたのに、
すっかり書いたつもりで忘れてた・・ダメだこりゃ)

 

場所は窯場の裏手。種から勝手に生えた柑橘系木。
(柚子っぽいのですが、成らないので不明です。何せ「柚子の大馬鹿18年」ですから。)
鋭いトゲに阻まれて鳥が入り込めない場所を選ぶ、
とても賢い母さんでした。

庭のカマキリさんにはモデルになって貰った義理もあり
心にかけて見守ってました。

 

そしてとうとう昨日。
祝!赤ちゃんカマキリ誕生!!

生まれたときからカマキリポーズ!

産卵の様子を直接見た卵塊を含め3つの卵胞のうち、
2つが同じ日に孵化しました。
風が強く当たる側にあった1つは、
凍ったのか変色してしまい、朽ちてしまったようです。

自然は厳しいのね・・

孵化後の卵画像です。


卵胞から垂れ下がってみえるのは、「カマキリ」ではありません
卵胞から出てくるときの糸というか、
「出舟の紙テープ」?「へその緒」?みたいな 何か、です。
隣に一匹ぼやっと見えるのが、赤ちゃんカマキリです。

 

なお、昨日孵化に気が付いた時、
すでに夕刻で、しかも雨が降り始めていたので
写真がお粗末なのはご容赦ください。


今年もこの庭で
「次世代カマキリ」に出会える事を願ってます。

↓カマキリにモデルになってもらった作品はコチラ↓

いむげむ亭日常・陶・中島惠のサイト (xrea.com)